IMG_4219 2

 神戸は、山と海に挟まれている。大丸百貨店には「海側」「山側」の表示が至る所にあり、神戸の人は、たいていの南北の道には高低差があるため道を上がる下りるという表現を使う。それは市街地と山がとても近いということ。8月の「勝手にまち探訪」は暑すぎる町を逃げ出して山に向かいます。完全なる山歩きなのでその心づもりでお越しください。
 神戸の山を鑑賞用にしている人も多いと思います。実は短距離短時間で素晴らしい自然と深い山を気楽に楽しめるのは神戸の特権です。是非この機会に山を「実践」してください。山を楽しむには最高の案内人にお願いできました。お楽しみに!
 途中、「神戸市立外国人墓地」を訪問します。「外国人墓地」は予約制なので、こちらで人数を取りまとめて予約します。参加ご希望の方は8/8(土)までにシオヤプロジェクトにご連絡ください。

案内人 :浅野晴良(あさのはるよし)さん

日  時:2020年8月23日(日) 10:00集合 17:00頃解散
     (途中参加、途中抜けOK)
集合場所:JR元町駅西口改札前
探索場所:諏訪山 – 修法ヶ原 – 布引 + 外国人墓地
料  金:500円

主催:シオヤプロジェクト
令和2年度 神戸市・まちの再生・活性化に寄与する文化芸術創造支援助成対象事業

 予約・お問い合わせ:塩屋百景事務局

TEL:078-220-3924 E-mail:info@shiopro.net
※前日までにご予約ください。
※ご参加日、お名前、電話番号、参加人数をご連絡ください。
メールの場合はこちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

IMG_E7776

浅野晴良

アウトドアライフスタイルショップ 白馬堂Rokko店主。「山と高原地図 六甲・摩耶」(昭文社)踏査執筆。1972年大阪豊中市生まれ。祖父が登山家だったことで幼少期に六甲山などの里山を連れまわされて、中学で部活に入り山から逃げる。専門学校で野外活動、環境教育と出会い。その後、アウトドア、こどもをキーワードにキャンプやまちづくりに仕事に携わる。ハイキング中に山と高原地図の師匠、赤松氏と再開を機に、山地図の踏査を受け継ぐ。2009年より阪急六甲で白馬堂Rokkoを開業。六甲山に人が集う企てをあれこれ催している。